HOME >> 工事ブログ >> 2018-02-26


戸建て 段差解消や手すり取り付けの介護リフォーム

本日の工事は、おうちで介護をしやすいようにする工事です。 手すりを取り付けたり段差をなくすバリアフリー工事を行いました。
つまづきやすい段差のある所は、床材を全部貼替えたり 上貼りして「かさ上げ」すると楽に段差を解消できますが、そういった工事は材料代が室内面積分かかってしまい高額になるため 普通は段差のある所にスロープという部材を取り付けて つまづかないようにします。
今回は数か所スロープを取り付けました。

スロープ1取り付け前スロープ1取り付け後
スロープ2取り付け前スロープ2取り付け後

それから、歩行補助対策の手すりも取り付けました。手すりの取り付け位置は、動線や使用者の方の高さ、連続的につかまることのできる距離を考慮して設計します。

手すり1取り付け前手すり1取り付け後
手すり2取り付け前手すり2取り付け後
手すり3取り付け前手すり3取り付け後
手すり4取り付け前手すり4取り付け後

トイレの便器やタンク、ウォッシュレットも新しいのに取り替えたんですが、洋式から洋式への取り替え(既存の便器の位置や向きの変更などを除く)だったため、介護保険の適用外でした (>_<) トイレの方は、取替にあたって便器やタンクを取り外しますし、床面積も1、2㎡程度なので底上げをして段差を解消しました!こちらはCF(クッションフロア)も貼り替えましたので、綺麗にすっきりしましたね!