HOME >> 工事ブログ >> 2018-02-09


マンション漏水補修工事 壁・床 復旧工事

今回の案件は、マンションでの漏水補修工事です。その漏水が、マンションの下の階まで漏れてしまって、大変な状態になっておりました!(・_・;) 最初の調査では、漏水が発生しているであろう部屋の、壁の中を見るために壁解体から行います。給水系統なのか、給湯系統なのか、排水系統なのか、雨漏りなのか、いろんなパターンを想定しつつ 調査していきます。
調査の結果、給湯管(給湯器からのお湯配管)の系統と判明しましたが、手の届く(床上に見えている)箇所の補修だけでは治りませんでした(*_*; 床下の配管を触るために床を 全面剥がして給湯管を入れ替えたいですが、お部屋のオーナー様は日々生活されていますのでそんなわけにもいかず、新規に給湯管を取り回す方法にしました。
ベランダの給湯器から室内に入っているところや、床を数か所開けて給湯管を配置していきます。床下の手の届かないところがありますので、頑張るのみです!
そうやって給湯管を新規で設置したら、次は開けた穴や壊れた壁の補修です。押入れの壁や部材、洋室の床や壁紙は新品のものに貼り替えます!
漏水の被害にあわれた方の方が大変ですが、作業も大変でした(*_*; こういったことを目の当たりにすると、賠償保険ってもしものときに必要ですね!